便秘について


便秘について

日常生活の中で、マイナートラブルでなかなか手ごわい便秘。 結構な数の人が、一度は悩んだ事があるのではないでしょうか。 便秘の概要として、一般的に3日間以上排便が無い状態であったり、排便の感覚が長かったりする場合や、毎日排便があったとしても個人の印象として残便感がある場合の事を便秘と言います。 毎日排便が無ければ便秘であるとした認識は、最近見直されてきています。 体質や環境などによりまちまちであるため、一概に言えないという認識になってきているからです。
また、残便感や腹部膨満感、吐き気、腹痛、めまい、食欲不振などが便秘の自覚症状としてあります。 その便秘には、問題になる便秘と特に問題とならないものに分けられます。 まず問題となる便秘は、癌や腫瘍などの問題で発生するもので血便などの特徴があります。一方、問題とならない便秘は、 原因が定かではない常習性便秘と呼ばれるものです。「弛緩性便秘」と言われるものと、「痙攣性便秘」があります。 いちばん多くを占めるのが、慢性便秘です。 自覚症状が無いタイプもありますが、ほとんどの場合において不快な症状を感じ、 又自分の生活習慣や食生活の見直しで改善する場合がほとんどなので、自らしっかりケアするのが良いでしょう。

~注目情報~
・便秘を起こしがちの体をケアできる、健康食品を販売しているサイトです ⇒⇒便秘 健康食品



ページTOPへ